家探し
HOME > 空き家記事 > 家と人とのマッチング!空き家を探す時のコツとは?
空き家記事
12
view

投稿者:satou

家と人とのマッチング!空き家を探す時のコツとは?

空き家を探したい!だけどどうやって良い物件を見つけたらいいのか分からない…そう考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では、効率的な空き家探しのコツや探し方を紹介します。

新築ではなく空き家を選ぶメリット・デメリット

家

新築で購入するか、空き家を購入するかで迷われている方もいらっしゃるかと思います。以下では空き家を選ぶメリット・デメリットを解説しています。

空き家を探す上での注意点も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

空き家を選ぶメリット

①家を安く購入することができる

新築一戸建ての相場は平均しておよそ3500万円と言われ、空き家のリノベーションの相場は400~1200万円と言われています。もちろん空き家のコンディションや、改修内容次第ではありますが、大体は新築で家を購入するよりも、空き家をリノベーションして住むのでは、金額に大きな差が生まれます。新築で購入するよりも、中古住宅をリノベーションする動きが増えている理由の1つです。

②レバレッジが効く

空き家の利活用を目的として購入する場合は、もし失敗してもリスクが小さいため、様々な方法を試すことができます。自身が済まなくなった場合には人に賃貸したり、シェアハウスとして運営したり、古民家カフェなどに代表されるような商業空間にしたりなど様々な方法があります。

また、空き家となると建物自体の価格が築年の経過とともに評価としては下がっているので、不動産価格のチャートで考えると「底をついている」場合が多く、たとえ住宅ローンを利用した購入でも、取得に対する総額が新築などに比べても低く収まります。もちろんリノベ費用を含めた総額です。
※リノベ内容次第では高額にもなり得ますが、それは相当なハイランク工事、もしくは施工業者次第で変動する要素です。
さらに、そういった空き家物件をリノベーションなどで価値を回復すれば、一般的には市場性も高まる為、いずれもしまた住み替えなどがあった際にもマイナスが生じにくく、場合によっては購入諸経費総額(リノベ費用込み)よりも、売却時の価格の方が高く売れた!といったケースも珍しくありません。(事実、不動産投資家の中にはこのスキームを利用して運用している方もおられます)

③補助金をもらえる可能性がある

国や地方自治体からの補助金をもらえる可能性があり、さらにお得に空き家を購入することができます。空き家の支援制度がある理由としては、倒壊などの危険性の高い空き家を減らし、事故を防止するためです。

空き家を選ぶデメリット

①家の老朽化を把握しておく必要がある

シロアリが発生しているか、天井から雨漏りがないかなどを事前に確認しておくことをおすすめします。実際に居住したり、人に貸したりする前に対策をしておくと、トラブルを未然に防ぐことができます。

②耐震の状態を確認しておく

特に、長年空き家になっている家やあまりにも値段が安い物件は見極めが重要です。人が住んでいない期間が長いと家の老朽化が進行しやすいです。また、値段が安い物件には何かしらの安い理由があるため、注意が必要です。
しかし近年では、耐震補強工事もかなり普及してきていますので、古いからといってすなわち地震に対する不安をぬぐえない。というムードは随分緩和されてきているようです。
さらに、所定の基準をクリアすれば「耐震基準適合証明」という公のお墨付きを得ることもできます。ちなみに、この耐震基準適合証明は住宅ローン控除なども受けられる証明にもなり得ます。
※ただし、どの物件でも耐震補強をすればその証明を直ちに受けられるというものでもないので、詳細は空き家購入を検討した段階で不動産会社や建築会社などに相談をすることをおススメします。
個人的な感覚では「築が古い。なのに耐震適合証明を取得することが出来た=ラッキー!」くらいの感覚の方が強いです。

③あまりに老朽化した空き家は安くても好ましくない

不動産はまず「土地」の所在や広さ、形状で評価されるものです。そして建物の構造や状態、築年数なども踏まえ評価していくのですが、需要の無い土地であまりにも老朽化した家は人に貸し出したり、自分が住んだりする時に不便な面も出てきます。
先ほどのメリットで挙げた内容と相反することではあるのですが、不動産は建物だけではなく、「土地」もついてきますので、例えばあまりに需要がない土地の物件だと、リノベーションをしたとしても期待した通りの値段での売却や賃貸が難しくなるかもしれません。

失敗しない空き家の探し方

家探し

失敗しない空き家の探し方は以下です。
・空き家バンクに登録し、家を探す
・不動産会社に問い合わせる
・住みたい地域を散策し、自分の足で空き家を探す
・空き家の販売サイトを使用する

特に不動産会社や地域の移住に関する相談窓口に直接問い合わせることで、掘り出し物件に出会える可能性も上がります。

空き家探しは専門家に相談する

相談

空き家探しに関するお困り事は地域のコーディネーターや空き家バンク、または弊社に相談することをおすすめします。

ご購入者様の持っていない情報を知っている可能性も高く、より良い条件で空き家を見つけることができます。市場では出回っていない空き家の情報を知れるため、より効率的に空き家を探すことができます。

また、空き家の活用方法も提案してもらえるので、空き家の利活用を目指す方にとって有効に時間を使うことができます。

まとめ

家

いかがでしたか?

今回は空き家を探すときのコツを紹介しました。ご購入者様おひとりで悩むのではなく、気軽に相談できる機関や人にぜひ相談してみて下さいね。

空き家に関するお困り事はこちらまでお問い合わせ下さい。

この記事はいかがでしたか?

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。