HOME > 空き家記事 > 【必見】空き家や空き地の様々な活用シーン
空き家記事
14
view

投稿者:satou

【必見】空き家や空き地の様々な活用シーン

近年は少子高齢化などにともなう空き家の増加、農家の後継者不足などによる耕作放棄地などが問題となっています。

そこで今回は、実例を踏まえて空き家の様々な活用法を紹介していきます!

1、シェアハウスやゲストハウス

空き家をコンバージョンし、様々な価値観を持つ人との交流が生まれるシェアハウスやゲストハウス。中には外国籍の方に親しまれている事例も増えてきています。

また、家賃を抑えたい20〜30代の若者世代や、家族とはまた違った人とのコミュニケーションを楽しみたい!という人も増えてきています。

2、オフグリッドトレーラーハウス

これから弊社でも展開していくオフグリッドトレーラー。ライフラインが独立しているので、運ぶことさえ出来れば基本的にどんな場所でも利用可能です!電気は屋根に載せた太陽光パネルで作り、蓄電池でその蓄えたものを使用。トイレは自然の力を利用するバイオマストイレ等。

こちらは土地の活用方法になります!建築物に該当しないので、大体のいわゆる田舎で指定されている「市街化調整区域」においても利用することが可能です。

移動しながら生活できるトレーラーハウス。大人の隠れ家的な魅力があります。

ちなみに弊社で販売しているオフグリットトレーラーハウスは、太陽光発電システムを搭載しており、環境にも経済的にも優しい仕組みとなっています。

オフグリッドトレーラーハウス|ロハスライフ

3、ワーケーション施設

在宅ワークや副業が広まったことによる働き方の変化から、場所にとらわれずに仕事をする人が増えてきました。

最近では、都市圏で働きながら地方で居住する多拠点生活という新しい生活スタイルも注目されています。

そういった流れから、民泊や別荘などのワーケーション施設の需要が高まりつつあります。

4、キャンプ場などのリゾート施設

先日、お客様の土地でキャンプをさせて頂いた際の一コマです!

家族や友人、恋人、そして一人でも楽しめるキャンプ。

普段の生活から抜け出した非日常的な体験はワクワクしますし、地域活性化にも繋がります。最近では自分だけのプライベートキャンプ場を所望される方も増えており、今後の土地の利用方法としても注目です。

5、古民家カフェ

ロケーションの良い場所で、昔の農家住宅のような趣のある古民家でしたらカフェなどの商いの場としての利用も。

昔ながらの良さを残しつつ、カフェとして新しく改装する空き家の活用法です。

こちらは空き家の再生例としてよく知られているのではないでしょうか。

まとめ

様々な空き家の活用方法はいかがでしたか?

空き家の価値を引き出し、社会問題も解決する方法でした。

この記事はいかがでしたか?

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。