HOME > 総合記事 > ロハス・ライフの日常
総合記事
15
view

投稿者:ロハスライフ*スタッフ

ロハス・ライフの日常

9月、ロハスライフ、動きます。。。

8月の大雨を経て、子供たちの夏休み期間中の前半はとても暑く、後半は雨が続くという感じの今年の夏でしたが、皆さんいかがお過ごしだったでしょうか?

弊社、ロハス・ライフ株式会社はおかげ様で無事半期を乗り越え、9月からの下期に突入したわけですが、これからの新しい取り組みもスタートしました。僕たちにとって、この下期はとても大きな意味合いを持つ!と意気込んでおります。

「会社の利益は大事だが、ただ会社の利益を求めるのみではなく、本当の意味で人や社会にとって良い出来事を提供したい。」という、多く会社が向き合うべくテーマをロハス・ライフとしてもより具体的な行動に移し、少しでも地域の方々をはじめ、ご縁のある人、場所、物事に貢献できる事業に取り組んでいきたいと改めて向き合うべく下期なのです。

地域にはびこる問題を受け取り、我々が提供できるお力添えを通じ、喜びや笑顔あふれるシーンを作ることが出来ればと思ってやみません。

改めて、これまでご縁を頂いた方、これからご縁のあられる皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

さて、そういった大志を抱く弊社ですが、「良い仕事は職場の雰囲気も大事!」ということで、誰にでも気さくな社長とともにこの日は糸島の某所にて、ロハスライフの活動記録やこのサイトだったり広告、皆さまに弊社の様子をお伝えする素材として写真撮影を行いました。

日頃、仕事を通じて往来の多い糸島エリアですが、今回訪れた場所は僕自身は初めて訪れたのですが、なんと素晴らしい景色が広がっていました!!

蝉の声と初秋の陽光を浴びながら歩みを進めた先に広がる絶景は、格別です。

糸島市は全国的にも注目を浴びるエリアで、東京や大阪などの都市部の方からの移住希望者も多い注目のエリアなわけですが、様々な状況から中々その移住希望の方の想いに応えられていない現実もあります。

そして、中には糸島に兼ねてからいらっしゃる方の理解を得られないなどの声を聞くことも度々あるのですが、実際はそればかりではなく、わが町の未来を危惧している方々がいるのも事実あるのです。ただ、そういった方々には正確な情報が届いておらず、「どうせうちの持っている土地なんて使い物にならないんでしょ?」や「新しい人が入ってきて地域の環境が乱されるのは困る」などのお声を頂戴することも多いです。が、これは必ずしもそうであるとは限らず、法規制の解釈の間違いだったり、正しい情報が認知されていなかったり、一部のネガティブな情報が独り歩きしていたり。。。

糸島の魅力に気づき、そこでの生活を望むかたがいるのに、「すれ違い」により、そういった要望に応えられていない実情も多くあります。

そんなある意味「誰にとってももったいない」状況を解消すべく、私たちは取り組んでいきたいと考えております。不動産=利益優先 のようなイメージがどうしてもつきまとっているような気がしているのですが、本来不動産はだれにとっても身近な存在です。そして不動産事業を行う会社や人間はその道のプロ。

適切な業務の提供と想いを実直に受け止めながら、まずは目の前の問題解決から全力で取り組んでいきたいと考えています。

これからのロハス・ライフ株式会社を、改めてどうぞよろしくお願いいたします!

※写真はそんな新スタートに意気込んだ社長含む30代後半メンバーで絶景地で写真を撮るということに、はしゃいでいる図です。間違いなく元気はいっぱいだと思います(笑)

この記事はいかがでしたか?

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。